Premium Renasup Family Program【プレミアム】レナサップ・ファミリープログラム

お子様の乳歯をご家族全員の
「健康・長寿」のために。

当該プログラムは、“歯髄幹細胞のスペシャリスト”である当院の20年以上のノウハウを存分に発揮し、
ご家族揃って最先端の幹細胞治療を長期間に亘って体験できる特別なオーダーメイドのプログラムです。

提供プログラムの内容

お子様やお孫様にご来院頂き、当院の院長が口腔内を検査し、どの歯から優良な幹細胞が培養可能か判断致します。最も理想的なのは、抜歯前の乳歯ですが、若年層(20歳以下)であれば、第3臼歯(親知らず)からも十分に培養可能なケースがあります。まずは、歯髄のスペシャリストにご相談下さい。

当院の院長が、幹細胞の培養効率の妨げとならないよう細心の注意を払って抜歯した後、速やかに提携している歯髄専門の培養施設に輸送し、ただちに歯髄を抽出の上で培養を開始します。
約2週間後に、順調に培養されていることが確認された時点で、初期培養及び保管についてご契約いただきます(※順調に培養されていることが確認されなかった場合には、培養費用等は一切発生しません。)

抜歯から約4週間後、幹細胞の「初代培養」(※初期的な培養のこと。当院では、まず100万個×5~6本の幹細胞を精製します)完了後、施設内の-150℃の専用冷凍設備にて分別保管します。保管された幹細胞は、約50年間は有効に機能しますので、将来のお子様またはお孫様ご自身に対する投与に備えることになります。

いっぽう、上記の初代培養分(5~6本)のうちの1本を取り出し、100万個×10本に「拡大培養」を行い、そのうちの1本を更に培養して幹細胞培養上清液を精製し、残りの9本は同じく専用の冷凍施設にて保管します。
※拡大培養幹細胞1本から精製する上清液の分量は、30ml、100ml、200ml、500mlからお選び頂けます。

上記のプロセスを経て精製されたお子様またはお孫様の歯髄由来幹細胞培養上清液は、1ml単位に小分けして当院の専用冷凍施設(-90℃以下)にて保管され、1年間は有効です。この間、ご家族のニーズに応じて、点滴または局所投与などお好みの方法で、ご希望の分量をご希望の時期に、ご家族皆様の治療にお使い頂けます。

歯髄細胞バンク

当院で抜歯後、専用の容器に入れて、細胞保管施設に
搬送
到着した抜去歯から歯髄を採取、10~20日程度で細胞生着(細胞が増減する準備)の有無を確認後、1か月ほど時間をかけて、一定量(5~6バイアル)まで培養。その後、細胞の保管前検査(感染症等)結果等に問題なければ、歯髄細胞を超低温で10年間(当初契約。延長可)保存。

原料指定培養上清

初期培養の内、1バイアルを10バイアル程度まで拡大培養。その内、1本を製造委託先に渡し(*1)、培養上清を製造(*2)。残りの細胞は細胞保管施設にて保管。

*1:細胞引渡依頼書に基づく
*2:培養上清製造後の細胞は破棄

最初の上清液を使い切った時点で、5と同じプロセスを繰り返すことで、長期間に亘り、お子様またはお孫様の歯髄由来幹細胞培養上清液を、ご家族皆様の健康・長寿促進や美容維持のために大切に使用することが可能となります。
*近い将来、一親等など肉親に対する幹細胞投与が可能となる可能性もあります。