赤坂レナセルクリニックは、口腔外科及び歯科としての
20年以上の豊富な臨床実績と、
ヒト歯髄由来幹細胞についての
長年の研究を活かし、幹細胞を用いた全身的な
再生医療を提供する「再生医療総合クリニック」です。


当院は、日本有数の口腔外科であると同時に、
院長は日本再生医療学会に所属し、
長年にわたって再生医療、特に幹細胞の中で最も高スペックとされる
「ヒト歯髄由来幹細胞」の研究を重ねてきました。その集大成として、
医科・歯科の垣根を越えた、全身的な幹細胞再生治療を提供しています。
赤坂レナセルクリニックは、個々の患者様の症状や希望に応じた
最先端の幹細胞再生治療を提供できる体制を整備しており、
他に類を見ない高品質かつユニークな医療サービスを取り揃えております。
赤坂レナセルクリニックは、厚生労働省から正式に
「第二種再生医療等提供計画番号」を取得した医療機関です。


幹細胞を用いた再生医療は、極めて先進的で高度な医療であるため、
厚生労働省認定の特定認定再生医療等委員会でその適合性が厳しく審査され、
適切と認められた後に厚生労働省に治療計画を提出し、
計画番号を取得した場合のみ治療が可能となります。

提供する再生医療等:
「しわ・たるみなど皮膚の加齢性変化に対する自己脂肪由来幹細胞を用いた治療」
第二種 計画番号 PB3190045

提供する再生医療等:
「アトピー性皮膚炎患者の主症状に対する自己脂肪由来幹細胞による治療」
第二種 計画番号 PB3190046

最新の歯科治療

幹細胞培養上清液治療

水素吸引等

最新の歯科治療

当院における歯科治療

一般的に「歯科医院」というと、虫歯の治療や歯の掃除、抜歯などのイメージがあるのではないでしょうか。しかし、健康的な心と身体を維持するためには口腔内と全身の双方の状態を改善することがとても重要なことです。
近年、一般医療は器官ごとに科が分かれて専門的に診ますが、最近は総合医など全身的な治療が見直されてきました。個別の器官だけを治療しても根本的に治すことはできないからです。

歯科も類にもれず、むし歯を削って詰めるだけでなく、なぜむし歯になったのか、すなわち「Why」に着目する必要があります。真の健康を手に入れるためには、背景にある食生活や生活環境、背景にある疾患などを総合的に診て治療にあたれるように心がけています。
いくら歯が丈夫でも身体にガタがきてはどうしようもありません。逆に身体を健康的に維持するためには、しっかりとした歯は必要不可欠であります。
また、内科疾患の約90%が口腔内に起因すると言われており、口腔内の環境の改善は先端の再生治療の奏功に不可欠であり、慢性炎症をいかにコントロール出来るかが鍵となります。

そのため、当院では内科的治療を目的として来院した患者様に対しても、先ず口腔内のチェックを行います。口腔内の状態が不良の患者様は、いかなる治療を行っても成果が伴わないからです。
当院は、このようなバイオロジカル・デンティストロジーを得意としており、口腔内のチェックの結果、歯科治療が必要な患者様には、バイオロジカル・デンティストとしての観点から治療をおこないます。
当院では、医科・歯科併設の特性を十分に活かし、自分自身の治癒力を最大限引き出して心身の健康を取り戻すことを目指しております。

当院の院長は、歯学部を卒業してから、口腔外科や麻酔科で学んできましたので、現在でも、主にインプラントなどの外科処置を得意とし、全身管理、静脈内鎮静などを必要とする患者様を多数診ています。
骨の破壊が進みインプラント樹立が困難を極めるケースにおいても、歯槽骨再生のために幹細胞及び上清液の注入など、積極的に再生治療を取り入れた治療を、安心・安全に受けてもらうべく万全の体制を整えております。
また、医師の経験や勘に頼ることなく施術を受けられるよう、最新の歯科用CTや寝ている間に手術を受けられる静脈内鎮静の設備など先端の設備機器を取り揃えており、金属アレルギーの患者様にはセラミック・インプラントも施術しております。

当院における歯科治療においては、ラバーダムと手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いることにより視野が明確に確保できて、歯質の切削を最小限に抑える事ができて、出来るだけ削らない精密な治療を心がけています。

当院は、「原因に挑戦し、身体にあらがうことなく、治るように誘う」ことを信条としています。シンプルで美しく、侵襲を可能な限り少なくして確実性の高い方法で病気に挑戦しています。その結果として、患者様が元気になり幸せを与えられればと願っております。

Takano DDS, Ph.D.
http://dent-implant.jp

幹細胞培養上清液治療

幹細胞培養上清液治療とは

人間の体は約60兆個の細胞で構成されていますが、細胞は日々の入れ替えに加え、怪我や病気、老化などによっても損なわれていきます。
この損なわれた細胞の修復を担うのが、様々な細胞に分化する能力(多分化能)を有する「幹細胞」と呼ばれる特殊な細胞であり、自身の幹細胞を培養・増殖し体内へ戻すことで、アンチエイジングや組織の再生、様々な難治性の疾患に対する効果が期待されています。

一方、幹細胞は、特殊な培養液を用いて増殖させていく際に、その培養液の中に、何百種類もの成長因子や免疫調整因子(サイトカイン)、抗炎症性因子など300種類を超える成分を分泌します。
最新の研究によれば、これらの分泌物は、体内にある再生能力の高い細胞に働きかけることで組織の再生を促し、アンチエイジング効果や様々な疾患の症状改善において、幹細胞移植と同等の役割を担うことが分かってきました。
このように、幹細胞を培養した後に細胞成分のみを取り出した上で、滅菌処理などを各種施した液体(上澄み液)を「幹細胞培養上清液」と呼び、昨今、多様な疾患の治療のために活用されるようになっています。

~幹細胞培養上清液に期待される効果~

  • 抗炎症作用:障害部位(損傷部位・炎症部位)の治癒促進、疼痛軽減効果など
  • 血管再生・血管新生作用:動脈硬化性病変の改善・進行予防、EDの改善など
  • スカベンジャー(活性酸素除去)作用:疲労回復、生活習慣病予防など
  • 免疫調節作用:アレルギー疾患、自己免疫疾患など
  • 神経細胞修復・再生作用:脳梗塞、脊髄損傷など
  • 骨再生作用:骨粗しょう症、歯肉炎(歯槽骨の再生)など
  • 美容作用(シワやたるみの改善)、増毛・育毛作用:各種成長因子による 体内の幹細胞分化促進作用:自己再生能力の誘導など
  • 組織修復作用:肝障害、間質性肺炎など
  • 培養上清中のエクソソームによる作用:がん細胞の増殖抑制・転移抑制の可能性

当院の幹細胞培養上清液治療

幹細胞培養上清液には細胞自体が一切含まれていないため、幹細胞治療で懸念されているような癌化の恐れはありません。
また、良質な上清液の利用にあたっての副作用報告はありません。

当院では、医療業務提携を締結している特定細胞培養研究所が製造する、良質な成長因子やサイトカインが最も多く含まれている最高品質の「歯髄由来幹細胞培養上清液」を活用し、点滴療法による全身投与、注射による局所投与など、患者様の状態及びニーズを踏まえた最良の選択をご提案させて頂きます。

幹細胞治療と異なり、ご自身から細胞を採取する必要がないため、事前の準備なく施術を受けて頂けます。
また、点滴療法・局所投与ともに施術は短時間で終了しますので、お気軽にご来院頂けます。

水素吸引等

水素の有用性

水素(H2)は、宇宙に存在する最も小さな分子で、水溶性ビタミンCの約82分の1、脂溶性COQ10の約40分の1の大きさであるため、水にも油にも溶け、吸収された水素は、リン脂質を主要な構成成分とする身体の細胞膜を通過することができます。
「悪玉」活性酸素は、日常生活で恒常的に産生され、特にストレスにより多く生じ、自らの身体にダメージを与えることから9割の病気と何らかの関係があるとされています。

水素ガスに含まれる水素分子は、身体にとって「悪玉」活性酸素であるヒドロキシルラジカルを水に還元し消去、無毒化します。また、水素分子は、「悪玉」活性酸素を除去する抗酸化作用のみならず、抗炎症作用、抗アポトーシス作用、抗アレルギー作用、脂質代謝改善作用、神経保護作用、血管拡張作用、シグナル伝達の調節作用など様々な作用を示すことが報告されています。

このように、宇宙で最初に生まれた元素である水素は、我々を取り巻く世界にとっても身体にとっても必須の物質です。
このため、近年、こうした水素の有用性が着目され、水素水ブームが沸き起こり、水素点滴療法を提供するクリニックも出現しました。

当院の水素治療

当院の院長である高野仁男は、学生時代から活性酸素に興味があり、酸化ストレスによる身体へのダメージを研究していたところ、今般、水素を最大限に効率的に体内に導入する方法を発案し、医療機器ベンチャーである株式会社すかい21と共同で、小型水素ガス生成器「すいそ21」の開発に成功しました。
当機器の主な特性は、①従来存在しなかった、安全濃度の極限とされる4%の医療用水素ガスを安全かつ安定供給できること(オゾンは発生せず、酸素は分離排出)、②経鼻での吸入に加え口腔用アダプターにチューブを装着することで口腔内に水素ガスを充てることが可能であること、③流量レベルや使用時間をきめ細かく設定・調節可能であること、等があげられます。
「すいそ21」を30分間使用して吸引できる水素量は、一般的な水素水(水素濃度1.2PPM)の100Lに相当します。

当院では、「すいそ21」の完成までに4世代の試作機の製作を重ねた結果、現在では4台が当院でフル稼働しています。
「すいそ21」を体験された患者様からは、「体が軽くなってスッキリする」「目がよく見えるようになった」「良く眠れる」など大変ご好評を頂いており、ご自宅用に購入される方もいらっしゃいます。

また、当院では「すいそ21」による水素ガス吸入療法に加えて、超高濃度ビタミンCと水素を独自の配合でブレンドした「スペシャルアンチエイジング点滴」治療も提供しております。
すなわち、「すいそ21」による水素ガス吸入療法は、主に口腔内から鼻、耳、脳、気管支、肺、筋肉への効果が期待でき、いっぽう、水素点滴療法は、血行に拡散することにより、全身に対する効果が期待できます。
当院では、歯科治療時や手術からの早期回復、ストレス回復、疲労回復、アンチエイジングなど目的に応じて治療法を適宜使い分けており、患者様に対し、当院ならではの最先端の水素療法を提供しています。

Information
2019年9月11日

厚生労働省に第二種再生医療等提供計画を提出し、正式に受理されました

2019年8月30日超高濃度ビタミン C 点滴 期間限定スペシャルキャンペーン開始しました 2019年8月23日HP制作のための撮影を行いました 2019年8月11日ひざ関節痛専門再生医療センター開設のお知らせ

【院長紹介】高野 仁男

経歴

東京医科歯科大学医学部大学院修了
東京医科歯科大学医学博士第1294号
横浜市立大学医学部口腔外科学講座
済生会横浜市南部病院歯科口腔外科
健康食品管理士

関連学会

日本口腔外科学会
日本形成外科学会
日本再生医療学会
Dental Practice-Based Research Network
Japan Auto-Tooth Bone Bank
高濃度ビタミンC点滴療法学会
口腔先端応用医科学研究会
健康食品管理士認定協会

所属学会

日本口腔外科学会
日本形成外科学会
日本再生医療学会
日本口腔腫瘍学会
米国インプラント学会
ヨーロッパ・インプラント学会
米国歯周病学会
Dental Practice-Based Research Network
Japan Auto-Tooth Bone Bank
高濃度ビタミンC点滴療法学会
口腔先端応用医科学研究会
健康食品管理士認定協会

Takano DDS, Ph.D.
http://dent-implant.jp

【院長紹介】高野 仁男

赤坂レナセルクリニック
〒107-0052 港区赤坂7-1-15 アトム青山タワー 2階
Mail:info@a-renacell.com
Tel:03-5843-0424